07//1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.//09

只今DK道休止中

実にのんびりと流れ漂う一介の元DKによる戯言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告
trackback -- | comment --

[edit]

page top

はじめての海外出張 

に行っておりました。
海外自体は3回目ですが仕事(一応)で行くのは初めてでした。

長かったので3回に分けましたが、順序良く並べたのでその2その3は「前の記事」になります

今回行ったのは韓国。

私の仕事に研究協力頂いている研究室が韓国にあるんですが、その先生から講演を頼まれた親しい先生が
「一人だと寂しいし君も面識あるから来ない?」
と言ってきたのでまあいっかと了承、その後正式に研究発表の依頼が来てお仕事と相成ったのでした。

英語で発表するのが初めてなのもあって色々と出発前に苦労もしたんですがそれはまあ置いといて。

英語圏の国以外に行くのは今回が初めてで、言語以外にも食べ物の衛生面だとかも色々不安な気分で出発前日。

準備を済ませ、翌朝の便で向かうので前乗りしようと成田へ。
電車で数駅離れたネカフェ泊とターミナルに併設されたカプセルホテル泊とどっちにしようか悩みましたが、カプホ泊まったことなかったので試しに行ってみることに。

感想としては囚人になった気分でした。
ローブとも違う、足元まである館内服を着て穴蔵に入って寝る。だけ。

当然防音設備なんてないので大いびきかく人が近くに居ようもんなら安眠妨害甚だしい。

(そうかー近くに居たんだなー)と思った人は甘い。

なんと両側にひとりずつ・・・

もともと眠りが浅くて物音で目が覚めがちなタイプなので全く眠れず、イヤホンでそれより大きく音楽流したもののそんなので熟睡も出来ず。

ホテルに罪はないんですけど正直もう行かないと思います・・・

そんなブルーな気分で翌朝出国手続きを終え、当日直接来ると言っていた同行の先生を搭乗口で待っていたんですが。

来ない。

あと10分で搭乗始まるって時間なのに来ない。

何より問題なのは、その先生の連絡先をうっかり聞き忘れていて、学内メールしか知らなかったこと。
これでは遅れてくるんだか実はどこかに居るんだかわかりません。

(これ来ない場合は俺どうするのが正解なんだろう・・・)と悩んでると、搭乗5分前にようやく小走りで現れました。

前日遅くまで飲んでて3時まで大学にいたんだとか。
発表スライドもまだ日本語のままなんだよねと笑う先生には流石の私も苦笑い。

この方専攻内でも屈指の酒好きなので、隙あらば一日中ビール煽ってるんです。
・・・専門の世界ではすごい人なんですよ?

走ってきたその手に空港内のコンビニで買ったビールがあったって情報は蛇足ですかね。


成田から釜山まで2時間弱で着いて、早いもんだと感心しているのもつかの間、電車に乗ってバスへ乗り継ぎ。
韓国の券売機では切符ではなく、金額をチャージされたコインが出てきました。乗る改札はコインタッチ、降りる改札はコインを改札に入れるというシステムで、切符よりいいかもって思います。
電車のコイン


バス待ちの間暇だったのでビールが飲みたいと言う先生とレストランに入って2人で4瓶ほど空けました。
この人入国してすぐコンビニで韓国ビール買ってたんだけどなあ・・・
※この時点でまだ15時台です

流石にこの辺になると私もわかってきました。
この旅、多分ずっと酒飲んでるわ。

さて、バスで4時間ほど移動し、韓国南西部の光州広域市へ。ターミナルには先方の研究室のポスドクさん(英語喋れる)が車で迎えに来てくれており、大学内のゲストハウスまで送ってくれました。
尋ねた先生がそこで待っていてくれて、部屋に荷物をおいてご飯に行きましょうと言うことで部屋へ向かいました。

韓国のホテルはラブホみたい・・・というかラブホそのものなことが多く、まあ一般に使えるんですけど、大学近郊で2泊予定だったので当初はそういうとこに泊まる予定でした。

代わりに泊まることになったゲストハウスの見た目はどんなもんだと期待半分に覗いてみると、なんかもう普通のビジネスホテルの2倍くらい広いしめっちゃ綺麗だしで文句のつけようのない部屋でした。
ゲストハウス

ここで唐突ですが、私個人の旅への評価がどのようにしてつけられてるのかといいますと。
1.泊まる部屋が快適である(良いベッド、ドライヤーとバスタオルがあるのが特に高評価)
2.飯がうまい
の2つが主な評価点になっています。
一日の最初と最後に目にし、肌で感じるのはどうやっても泊まる部屋ですし、口に入れるものに満足行かないとどうしてもテンション下がります。
観光が目的なら、いいものが見られたかどうかも重要ですが、今回は一応お仕事だったので自由な時間は大してないのです。

そういう観点で言うと、1を十分すぎるほどに満たす部屋だったので大分機嫌が良くなってきました。

そして近辺のダイナーでチキンとビールをしこたま飲んでこの日はおしまい。
ちなみに豚肉のコチュジャン炒めを所望したところ、辛いけど大丈夫?とすごい心配されました。
ただ私辛いものかなり得意なので美味しくいただけましたね。
とても親切にもてなしていただいて、ありがてぇ・・・って感じでした。


初日でわかったのは
・韓国の車の運転は非常に荒い
・その原因は違法路駐が多すぎてまともに道を走れないから
・食事は思ったより辛くない

長くなったのでここでカット。
スポンサーサイト

[edit]

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。